GWに桜の見頃「新名庄川」沿いの桜並木を富士山と共に撮ろう!アクセスと撮影攻略

GWに桜の見頃「新名庄川」沿いの桜並木を富士山と共に撮ろう!アクセスと撮影攻略
新名庄川 富士山と桜並木

写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介の写真ブログにようこそ!

ゴールデンウィークの観光地はどこも混雑!
そんなゴールデンウィークの時期に満開になる桜の名所があります。

4月の初めに都内の桜を楽しんで桜が恋しい時期に満開の桜。
富士山の麓はまだまだこれからが春の季節ですね。

ゴールデンウィークの混雑でも行ってみたい桜並木と富士山が見える風景。

攻略というほどのものではありませんが、
今回は富士山の麓にある「忍野」「新名庄川」沿いの桜並木をご紹介したいと思います。

広告

忍野の新名庄川沿いの桜並木

山梨県の忍野(おしの)の春は遅く、桜の開花が4月の下旬以降になります。

忍野に流れる「新名庄川(しんなしょうがわ)」
新名庄川の両岸には桜が植えられています。

新名庄川の両岸の桜を川上から見ると、その先には富士山が見事に鎮座します。

GWに桜の見頃「新名庄川」沿いの桜並木を富士山と共に撮ろう!アクセスと撮影攻略
新名庄川 富士山と桜並木

新名庄川の桜の開花は例年4月の下旬という事で、ちょうどゴールデンウィーク。
ゴールデンウィークの旅行の立ち寄り先としてもオススメなスポットです。

新名庄川(しんなしょうがわ)

忍野にある新名庄川沿いには200本の桜並木が4月下旬から5月上旬にかけて見頃を迎えます。

もちろん新名庄川沿いだけでなく、忍野八海にある桜も満開。

忍野八海を中心として、忍野エリアは観光地としても有名で、
富士山を臨む風景が楽しめる素晴らしいエリアになります。

春夏秋冬、季節を問わず観光客も多く訪れており、
その風景を楽しむカメラマンも後を絶ちません。

忍野八海に足を運んでいる観光客、
意外に気がつかないのが新名庄川沿いの桜並木です。

忍野八海から少し離れた場所ではありますが、大して距離はありません。
忍野八海のメインの場所だけを観光して立ち去る事が多いからでしょうか?
観光客が少ないエリアが「新名庄川沿い」

メインの忍野八海は混雑していますが、
少し離れた新名庄川沿いは観光客が少ないので撮影がしやすく、ゆっくり撮れます。
※場合によってはこの限りではありません。

新名庄川へのアクセス

新名庄川へのアクセスは目的地を「忍野八海」にします。

中央高速道「河口湖IC」からも比較的近く、アクセスに困る事もないでしょう。

バスも運行しておりますので、車でなくてもアクセスできます。

関連記事として忍野八海を案内した記事がありますので
併せてご覧ください。

新名庄川沿いの駐車場

忍野八海には無料駐車場もありますので、忍野八海の周辺に停めてください。

満車の場合は、有料駐車場になりますが、1日料金になっている所もあります。

コインパーキングは少ないですので、忍野八海の「池本売店」の周辺で探しましょう。
きっと見つかるはずです。

新名庄川の桜並木撮影攻略

GWに桜の見頃「新名庄川」沿いの桜並木を富士山と共に撮ろう!アクセスと撮影攻略
新名庄川 富士山と桜並木

新名庄川での桜並木と富士山の撮影ポイントは少なく、
富士山が見えない場所もありますので新名庄川沿いを歩いてみてください。

まだ撮影に出向いた事がない方は「お宮橋」を目指しますが、
「お宮橋」が起点と考えても良いかもしれません。

「お宮橋」から富士山に向かって左側を通行します。

なぜ左側を通行するか?というと、
左側からでしたら川岸に降りる事ができるからです。

ご紹介している写真画像が側道から川岸に降りて撮影したものになります。

新名庄川沿いを歩いていると分かりますが、富士山が見える場所は限られていて
富士山と桜並木と一緒に撮影できる箇所は意外にも少ないのと、
アングルや構図も限られていますので結構難しい場所です。

構図的に同じようになってしまいますので、
この場合、人が橋を渡っていたりすると、逆に良い感じになったりします。

GWに桜の見頃「新名庄川」沿いの桜並木を富士山と共に撮ろう!アクセスと撮影攻略
新名庄川 富士山と桜並木

あとは天候になります。
私は曇り空の時に訪れましたので、富士山自体も存在力が足りないし
青空でもありませんので、ちょっと残念な写真になっています。

広告

[安室奈美恵FinalTour2018~Finally~]

新名庄川の桜並木撮影の時間帯

一番観光客がいない時間帯は、もちろん早朝になります。

マイカーなど車でアクセスしないと早朝には撮影できませんが、
観光バスが到着するのも朝早い時間になりますので、
もっとも早い時間にアクセスするのがポイントです。

GWに桜の見頃「新名庄川」沿いの桜並木を富士山と共に撮ろう!アクセスと撮影攻略
新名庄川 富士山と桜並木
GWに桜の見頃「新名庄川」沿いの桜並木を富士山と共に撮ろう!アクセスと撮影攻略
新名庄川 富士山と桜並木

朝早くに撮影ポイントに行くのは良いですが、
朝早い場合は、空の状態も青空になっていない事がありますので、
人がいても良い!という環境でしたら午前中のどの時間でも良いでしょう。

ただし、お昼頃ですと逆光になってしまう事もありますので、
やはり午前中でも早い方が良いという事でしょうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【300円OFFクーポン対象】Magic桜 マジック桜 海外へのお土産にmagi…
価格:880円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)

新名庄川の桜並木ライトアップ

新名庄川はメインの桜の時期に10日間ほどライトアップされます。

ライトアップの時間は日没から21時頃までとなっていますので、
夕方の日没前のまだ明るい時間にアクセスしてライトアップも撮影することができます。

新名庄川の桜並木写真記事

新名庄川沿いの桜並木を撮影した記事もご参照ください。
少しだけではありますが新名庄川で撮影した桜並木の写真を掲載しております。

桜関係の記事もご覧ください。

新名庄川の桜並木撮影まとめ

大型連休に東京からのアクセスも程よい忍野。
新名庄川の桜も見頃になります。

日帰りでも楽に行ける場所ですので、アクセスする時間帯で渋滞も避けられます。

忍野を中心にしたエリアなら観光スポットや撮影スポットもたくさんありますので
目一杯楽しむことができるでしょう。

朝日を撮影してから新名庄川に出向いても良いですし、
夕方になれば夕焼けと富士山を撮影しても良いですね。

ゴールデンウィークでも混雑する時間帯は通常の休日と同じですので
あまり気にすることもないでしょう。

渋滞に陥ったら、渋滞も楽しむ工夫をしてゴールデンウィークを楽しんでください。

桜の撮影に役立つ書籍