撮影スポット

千葉県内房でも人気の夕焼けスポット原岡海岸で夕日を見よう!房総半島人気の撮影ポイント

更新日:

原岡海岸は東京湾に伸びる桟橋が大人気!
ここが原岡桟橋と言います。

なんの変哲もない桟橋ですが、
桟橋の裸電球と彼方に見える富士山…

この場所に魅入った写真家が集まる場所でもあります。

原岡桟橋を知ったのはずいぶん前ですが、
房総半島で散々撮影してきて夜中に立ち寄った場所。

チェックしておこう!

そう思いながら…数年経ちました。

何ということでしょう!

いつの間にかいろいろな人がここで撮影している…

というわけで…

一度撮影に向かわなければ「あかんな!」

で…
場所も紹介されている事が多いのでこちらでもご紹介しましょう!

[sponsor PR]

行ってみたい砂浜 原岡海岸

原岡海岸(はらおかかいがん)は、富浦町原岡海水浴場が正式名称ですかね。
地元の方にとっては、その辺にある砂浜と同じでしょうが
風景写真を撮りたい写真家にとっては、ちょっと魅力ある海岸。

ことに…桟橋などは、千葉県にはいくらでもある。

ここ原岡海岸の桟橋も同じですが、
桟橋の先には富士山も見えるという絶景の海岸である。

千葉県で富士山の見える海岸は無数に存在しますが
この原岡海岸も同様に東京湾越しに富士山が見えます。

そんな原岡海岸(原岡桟橋)をご紹介したいと思います。

原岡海岸から見る夕焼け

原岡海岸は、夏になれば海水浴場として普通に大人気の場所ですが
夏には行かず…というのが風景写真を撮る人達のスポットになります。

また…千葉県のドライビングスポットとしても推薦。

千葉県内房の夕暮れデートとしてのドライブスポットは沢山あります。
この原岡海岸もそのひとつと言えるでしょう。

夕日が沈んだ後は、人影も少なく地平線がオレンジに…
少しずつ空が濃紺になっていく…

そんな時間にこの原岡海岸に居るのはカメラマンかカップル…

[sponsor PR]

たまに釣り人…

そんな場所にやたら人が集まるのがダイヤモンド富士を狙うカメラマン。

ダイヤモンド富士の時季を避ければ、
本当に良い空間で、素敵な浜辺の夕暮れを堪能できます。

原岡海岸での撮影攻略

原岡海岸は近所の人の散歩や夕焼け見物の人達も多く桟橋を歩く方も多い。

特に夕日の時間になると、デートなどの場合は桟橋の先まで行く方も多いので
桟橋に人を入れないで撮影するのもタイミング次第です。

カメラマンの場合、桟橋の手前で三脚を置いて確保している方も見受けられます。

桟橋を中心にして左右や真ん中を移動しながら構図を探して撮影するのが良いですね。
いろいろな構図で撮影することができます。

桟橋の先には東京湾越しに富士山が見えますので、
富士山の位置も見ながら構図を決めるのがポイントです。

夕日は、春から秋にかけて良い位置になりますので狙い目ですが、
夏は海水浴場ですので、夕日まで待っている海水浴客も居るのは避けられません。

春・秋はダイヤモンド富士の季節ですから、
かなりのカメラマンが居そうです。

夕日が落ちて薄明の時間になると富士山のシルエッットがくっきりしますので
夕日だけでなく地平線がオレンジになる頃まで撮影したい場所です。

すっかりあたりが暗くなる頃は、
星空の撮影もできますが、羽田発着の飛行機の数も多い時間ですので
飛行機の光跡が嫌な人にはやっかいな場所です。

合わせて言えば、
桟橋の電球が結構明るいので、逆光だとフレア対策に工夫が必要です。

原岡海岸の色々な写真を下記の記事でご覧ください。

原岡海岸〜東京湾の海から富士山へと続く雰囲気ある桟橋の夕景!
房総半島の原岡海岸は富士山に伸びる桟橋のある素敵なロケーションが楽しめる夕景の絶景地です。ドライブデートや風景撮影に適している千葉県の絶景スポットのひとつと言えるでしょう。夏にはダイヤモンド富士の撮影に訪れるカメラマンもたくさん!

原岡海岸へのアクセス

原岡海岸への行き方は、ナビにセットすれば容易に向かえます。

海岸への道はとても狭く、国道からの入り口も狭いので見落としがちです。
三方向から原岡海岸へと向かえます。

駐車スペースも数カ所ありますので、車を停めるのは問題ありません。

綺麗なトイレも完備していますので、女性や長時間でも安心です。

電車の場合は富浦駅から原岡海水浴場へと向かいますが、
徒歩でも10分〜15分程度で行ける距離ですので問題ありません。

原岡桟橋

内房の夕焼けスポット原岡海岸まとめ

雰囲気ある桟橋の原岡桟橋、
夕日が落ちる前から夕日の後まで撮影するのがオススメです。

グループで行ったなら原岡桟橋でポーズを取って撮影会も良いですね!

彼方にある富士山も確かに良い被写体ではありますが、
富士山が見えなくても良い雰囲気があると思います。

内房には桟橋が西側に伸びている場所がたくさんありますが、
原岡桟橋の場合は裸電球が灯る電柱や木造(一部)の桟橋というのも良い。

潮の満ち引きにもあまり影響されないで撮影できますので
特に事前情報は必要ありません。

ただし富士山を捉えたいのであれば、
地平線に雲がない事が条件になります。

また、風が強い日だと波も高いので、桟橋に波がかかる事も有ると思います。
それはそれで良いですが、風が強いと砂が舞いますので、カメラにはちょっと…

いずれにしても内房をドライブした時は立ち寄って損はありませんね。

[sponsor PR]
[風景写真ブログ] [写真講座ブログ] [ブログランキング]

スポンサー広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最新記事が配信されます

-撮影スポット -

Copyright© 写真を楽しむブログ[撮影アイテム 写真ブログ] , 2017 AllRights Reserved.