撮影スポット

伊豆 河津の河津桜を攻略!河津桜の撮影ポイントと河津へのアクセスと渋滞回避

更新日:


写真を楽しむ[撮影アイテム紹介 写真ブログ]にようこそ!
静岡県の伊豆半島にある河津(かわづ)は、
本州でも最も早く桜並木を鑑賞できるお花見のスポットですね。
毎年2月の上旬より「伊豆河津桜まつり」が開催されています。
河津桜(かわづざくら)は、長い期間鑑賞できる桜ですので
約1ヶ月近くも桜を楽しむ事ができます。
[sponsor PR]

河津へのアクセス


河津は伊豆半島の南になりますので、
アクセス方法がほぼ決まっています。
一番問題ないのが電車でのアクセスです。
渋滞も無く、河津の桜並木の場所も駅からすぐの場所。
34.755928, 138.986255

スマホの場合、地図をタップするとgooglemapになります。

車の場合は、東伊豆の海岸線と伊豆の真ん中を縦断する
天城越えの下田街道が河津への主なアクセスになるでしょう。

朝夕の風景写真を撮影する方は、
渋滞知らずで河津へ入る事も多いかと思います。
私も河津へのアクセスで渋滞になった事は少ないのですが、
伊豆半島の入り口付近は、どうしても渋滞になりがちです。

私の場合は、
夜中に東京を出発して、日の出前に下田に到着できるようにします。
高速を使う場合もありますが、
いずれにしても西湘バイパスの石橋インター近辺に3時頃には到着しています。

そこからは延々と伊豆半島の東側を南下します。

時間とその日のコンディションにもよりけりですが、
左に海を感じながら東の空が良い感じになって来たら、
そろそろ朝焼けを撮影するポイントを探したりします。

道路横のパーキングや海岸になりますが、
意外とこの道路には朝日のポイントが少ないのです。

日の出前に河津に到着したら、
河津の海岸でも日の出を撮影する事ができます。
河津も海水浴場がありますので、
浜辺で朝日を撮影して、その後、ゆっくり桜並木の場所まで
移動しても、まだ人はまばらです。

河津桜の並木のある横には、点々と駐車場がありますので
お好みの場所に駐車しますが、
早朝の場合、まだ駐車場が開いていない場合もあります。

時間外でも駐車はできるように、
駐車場の入り口が開いている駐車場を探してください。
営業が開始されれば、駐車料金を支払って駐車しますが、
係員が居ない時に駐車しても、
車に紙が挟まれていると思いますので、
車を出す時などに駐車料を支払えば良いようになっています。

こういうシステムですので、
無理に閉鎖した駐車場でオープンまで待たないで、
ゲートを開放している駐車場に入れてください。

一日駐車しても500円ですので、安いものです。
私は毎回「豊泉橋」付近の駐車場に停めています。

追記
豊泉橋の駐車場は2017年より700円になっています。
「え?値上がりした?いつから?」
「今年から(2017年)良い時に来たね〜(笑)」
という係りの人との会話。
追記ここまで

日が昇って直後の時間だと、
近隣の方が散歩しているのと、
人が居ない時に全景を狙っているカメラマンくらいしか居ません。

この時間帯に桜並木の全景を撮影します。
人が通っていない橋を絡めたり、
昼間は観光客でごった返す桜並木の歩道で撮影したり…と。

観光客は早いです。
朝の8時には、どんどん増えてきます。
川沿いの桜並木を一通り撮影したら、
一本桜の観賞です。
桜並木のある川と平行している町道の数カ所にありますが、
早朝ならば、車で回っても良いかもしれません。

河津の河津桜がより見頃になる時期は、毎年違います。
その年の気候によって若干のズレがあります。
ご自身のスケジュールと河津桜の開花情報などを照らし合わせて
スケジュールを組むと良いでしょう。

2017年の河津桜のブログ記事は下記でご参照ください。

[sponsor PR]

河津桜の聖地伊豆河津で満開の桜並木を撮りまくるんだけど…春の嵐に四苦八苦で泣く...
ひときわ早い春の景色を楽しめるのが「河津桜」久しぶりに伊豆半島の河津へとやって来ました。桜をいち早く楽しめる河津へと…本当は毎年訪れたい撮影地なんですが、機会を逃す事が多かった。今回は是非とも河津桜を撮影したかったのでちょっと具合が悪いのに決行し...

駐車場の場所や、桜のポイントなどは
[河津桜まつり会場マップ]でご覧ください。

その他の情報や開花情報などは
下記河津桜まつりのサイトでご覧ください。
[河津桜まつり公式サイト]
[伊豆河津桜まつり情報局]

河津桜だけの目的の場合は、午前中にゆっくり桜見物して
昼食を現地で頂き、午後早めに河津を離れます。

その場合、天城越えでも海岸線でもルートはどちらでも良いです。
天城越えの場合は高低差もカーブも多い峠道になります。
時期によっては、積雪・凍結もありますので、
道路情報をご覧の上ルートを選んでください。

レンタカーなど、普段あまり運転しないなど、
ちょっと不安を感じる方は、海岸線を選びましょう。

いずれにしても追い越し禁止の片側一車線が主になりますので、
河津桜の時期の土日ともなれば渋滞を予想するのは至極当たり前。
双方共に路線バスも走っていますので、
河津を午後遅めに出て東京方面に帰ろう!
なんて思いたくないのが解るはずです。

土日に海岸線を選んだ場合、
小田原へ抜ける車の渋滞は避けられません。
河津からだけでなく、熱海・伊東方面からの帰り渋滞があります。
真鶴から石橋までは確実に渋滞するでしょう。
抜け道もあり、私も利用しますが、
生活道路のため歩行者も多いので注意してください。

遅くなっても良いのであれば、
とことん遅い方が良いに決まっている。
下田などで遅くまで観光したり美味しいものを食べ尽くして
ゆっくり帰ったとしても、
車中で過ごした時間と比べれば大した時間差はありません。

総合的に考えれば、
河津の桜だけが目的ならば、電車が一番なのです。
朝一に変わりはありませんが、
好きなだけ楽しめますし、お酒も追加できます。

私の場合は、どうしても途中の撮影や機材の問題があるので
電車でのアクセスは考えた事はありませんが…
電車で行くのも良いかも?とは思っています。
メンバーによりけりですね(^^)
単独なら絶対車です(笑)

河津桜まつり 渋滞回避と駐車場まとめ

河津桜まつり会場へのアクセス関連をご覧頂いて
河津桜でのお花見の計画の参考になりましたか?

再度、河津桜まつり会場の駐車場と往復の渋滞回避について
まとめたいと思います。

河津桜まつり会場付近 駐車場まとめ

駐車場に関しては会場周辺各所にあります。
どの駐車場に停めても料金はほぼ同じ(1日500円)です。
500円を目安に駐車場を探してください。

早朝の現地入りの場合は、
早朝でも空いている駐車場に入れる。
「豊泉橋」近くの駐車場なら早朝係員が居なくても空いている事が多い。
ただし、駐車料金は後払いで支払うように!

昼間の混雑時に駐車場を探す場合は、
一度会場を一周するように巡ってみてください。
そのとき、空いている駐車場に入れます。
また、並んでいる場合は、できるだけ駐車台数が多い所に!
意外と、出入りがあるので、暫く待っていれば入れる可能性はあります。
係員が居る場合は、状況を尋ねる方が早い。
目安の待ち時間を教えてくれます。

河津桜まつり 渋滞回避方法まとめ

大体の方が、渋滞は避けられない…と思っていますが、
ここまで読んでくださった方は理解したと思います。

車の場合は、日の出頃までには現地入りしてください。
帰りはお昼を過ぎた頃には帰路についてください。
そうすれば渋滞箇所は、箱根周りの場合は、
宮ノ下あたりから箱根湯本付近まで。
海岸周りの場合は、石橋IC付近の渋滞のみです。

先にも書きましたようにこの渋滞も抜け道で回避する事はできますが、
申し訳ございませんが、こちらでは控えさせて頂きます。
それでも、石橋IC付近の渋滞は30分程度かと思われます。
(事故渋滞も含めると、この限りではありません)

それでも夕方までじっくり桜を味わいたいのであれば、
夜中に河津を出てください。

河津桜のライトアップが終わる頃は、
帰宅するのが朝になるのでは?というくらいに渋滞します。

土日に
東京方面なら土肥と清水港の駿河湾フェリーを使って、
高速を利用したとしても、夕方なら厚木辺りから激混みになります。
結局お金を使っただけ…という事に。
名古屋方面の場合は有効な手段かもしれません。

まとめると、この区間は結局は時間の使い方なのです。
時間によってルート替えもありますが、
うまい時間の使い方で最終的には楽になります。

河津桜混雑について(追記)

以前は、外国人を中心としたバスツアーが早朝から目立っていましたが
2017年の感想は、バスツアーが少ないように感じます。

というか…外国人ツアー客が見られない?
(外国人自体はいらっしゃいますが…)
ツアーバッジをつけた団体が早朝には少ない?かも?

なんか…その分鬱陶しさが減りました。

[sponsor PR]
[風景写真ブログ] [写真講座ブログ] [ブログランキング]

なんとなくですが…午前中なら十分余裕で楽しめそうな…
※あくまでも私感です。

関連の記事(広告も含まれます)

ブログが気に入ったら
いいね ! してね

Twitter で

最新記事が配信されます

-撮影スポット -,

Copyright© 写真を楽しむブログ[撮影アイテム 写真ブログ] , 2017 AllRights Reserved.