333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

自由に撮る、こだわって撮る、楽しんで撮る
自分スタイルは様々なアイテムから得られるかも?

知らなかった事が身につくと
新しい事を発見でき、そこに喜びも伴う。

インスピレーションでスライダーを動かすと
1枚の写真が複数の作品になって生まれ変わる。

こんなものを撮ってみたい!
こんなふうに撮ってみたい!
思ったように撮れない時ほど写真を楽しめます。
道具と気づきで新しい作品が生まれます。

CONTENTS

Photograph

カメラ・レンズ・アプリ等写真情報
333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

計画を立てる時から撮影の楽しみは始まっている
足を運び、思い通りに撮れた喜びを味わいたい。

メジャーな撮影地だけでなく
何気なく訪れた地にこそ新しい景色が待っている。

なぜこんな失敗をする?
撮り慣れていても失敗はつきもの…(コラム)

ストレスが溜まったらカメラ片手に出かけてみよう
見慣れた景色の中にも気づいていない被写体が
撮ってほしいと待っているかもしれません。
写真仲間とでも良い、ひとりでも良い。

CONTENTS

Landscape

撮影地の紹介
333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

光に閉ざされた地で夜空を見上げると
星の多さに驚くことは間違いないだろう。

普段はあまり気にしないかもしれないけど
月を眺めている時は、リラックスできている。

流れ星を見る機会は少ないけれど
見る事ができると高揚した自分に気がつく。

夜空に横たわる天の川や流れ星が見られると
宇宙に近づいた感覚になるかもしれません。
忘れてほしくないのは見慣れている月
身近にあるものほど気にかけなくなりがちですね。

CONTENTS

Astronomical Observation and Photography

天体観測と撮影

previous arrow
next arrow

日の出日の入り撮影アイテムLightTrac思い通りに朝日や夕日撮影!風景撮影に!

今回は日の出や日の入りはもちろんの事、太陽の位置がどこにあるか?を日時指定で知る事ができる風景写真の撮影時、撮影計画に便利なスマホアプリ、LightTrac(ライトトラック)をご紹介します。

日の出や日の入りを計測できるアプリは、もちろんこのLightTracだけではありませんのでその事をふまえた上でご覧ください。

風景写真家だけでなく、人物撮影においても撮影計画には便利なスマホアプリです。

写真を楽しむブログ記事内の画像は無断で抜き取らないでください

スマホアプリLightTracの詳細

LightTracの説明を見れば一目瞭然ですが、撮影日時の太陽の位置を知ることによって朝日や夕日の撮影において、ロケーションとの構図をあらかじめチェックできる良いアプリです。

以下概要の引用はiphoneからのものですが、Andloid用も同じ内容になります。

LightTracは全てのアウトドアカメラマンにとって、なくてはならないツールです。このツールを使えば、野外において、あなたの撮影対象にとっての光条件が最適な場所と時間を瞬時に割り出してくれます。太陽の高度と方角は、年間を通して、場所、日にち、そしてその日の時間帯によって変化します。LightTracは地球上のいかなる場所、日にち、時間帯においても、太陽と月の高度と方角を割り出し、衛星地図上に示してくれます。この情報と簡単に操作できるインターフェースをもってすれば、完璧なショットを撮るための最適な場所と時間をあなたは数ヶ月前からでも割り出し、準備することが可能になります。

あなたが自然写真家、風景写真家、不動産写真家、建築写真家、結婚写真家、スポーツ写真家のいずれであろうとも、LightTracの機能のとりことなるでしょう。

LightTracは写真家に限らず、建築家、不動産バイヤー、ソーラーパネルの持ち主/取り付け業者、庭師/園芸家など、太陽や月のいかなる情報にも興味のある方には役立つかけがえのないツールです。

機能の特徴

  • iPad, iPhone, iPod touch全てに適用可能なユニバーサルアプリケーション
  • Googleマップ等を利用し、最適な太陽の方角、あるいは月の出/月の入りに最適な背景の場所の割り出し
  • 全ての場所と時間における、太陽の方角と高度の割り出し
  • 全ての場所と時間における、月の方角と高度の割り出し
  • 全ての日にちにおける日の出、日没、夕暮れの時間帯の割り出し
  • 全ての日にちにおける月の出、月の入り、月の満ち欠けの時間帯の割り出し
  • 満月、新月、上弦の月、下弦の月の正確な日にちと時間帯の割り出し
  • 太陽と月の高度グラフと方位角グラフの割り出し
  • 選択された全ての高度と時間帯における影の長さの割り出し
  • iPadにおける、内蔵コンパスの閲覧
  • 住所、市、郵便番号を利用した場所の割り出し
  • 複数の場所を保存し、簡単な切り替えが可能
  • アドレスブックを利用し、連絡先の住所から場所選択が可能
  • 保存した場所を、メールで簡単に仲間の写真家と共有可能
  • 保存場所をKMLファイルに簡単にエクスポートでき、他のアプリケーションでも表示可能になります。
  • タイムゾーン(例:日本時間、イギリス時間)の自動検出

LightTracの使用感

LightTracをインストールして立ち上げるとまず、現在地のその日の日の出、日の入りと現在の太陽の位置が表示されるかと思います。

朝日や夕日の撮影アイテム-LightTrac

黄色いラインの方向から日が昇り、青いラインの方向に日が沈みます。
赤いラインは現在の太陽の位置です。

撮影地でのピンポイントな太陽の位置が割り出されるので構図の検証にも良いですね。

すでに撮影日と場所が大体解っているのであれば、地図から直接、または住所等で検索し、日にちを入れれば当日の日の出、日の入りが表示されます。

このアプリは太陽に限った事ではなく、月の出や月の入りも表示されますので、月を撮影する時にも便利なアプリです。

このアプリひとつあれば、朝日や夕日を撮影する方にとって便利なツールになる事でしょう。

例えば、撮影日が決まっているとすれば、このアプリで地図を広めに表示して撮影地の候補を探すのにも役立ちます。

ある程度の撮影地を決めたら、地図の範囲を絞ってピンポイントの撮影ポイントを決めます。

思った方向が微妙にズレている場合は、その前後の日を表示してみる事で思い通りの方向に太陽が来る場合もあります。

太陽や月の見える位置は日々位置が変わっていますので撮影日の設定や撮影地の変更などに役立ちますね(^^)

このようなアプリを使いこなす事によって、今までは計画無く撮っていた風景などももしかしたら変わってくるかもしれませんね?

難点は、撮影地が極端に僻地の場合は…圏外となり役に立ちません…wwwそのような撮影地の場合は予め確認も必要です。

いずれにしても、このLightTracというスマホアプリは無料のアプリではないので、じっくり吟味してください。

Androidの方が若干お安いのは…なぜでしょう?(^^)

風景写真ブログでの記事としては、[シンデレラ城からの日の出]や[三ツ石から昇る朝日]などは、このようなアプリを利用して現地で再確認して撮影されています。

よろしかったらご参照ください。

LightTracについては[朝日や夕日を計算通りに撮る方法]でも触れておりますのでよろしかったらご覧ください。

LightTracダウンロード

iphoneの場合は[LightTrac-for iOS]

Androidの場合は[LightTrac-for Android]

2015/02/03写真・撮影・アプリの情報

Posted by pix-524