撮影期間限定風景〜水没林が撮影できる山形県白河ダム湖岸公園!アクセスと撮影攻略

撮影期間限定風景〜水没林が撮影できる山形県白河ダム湖岸公園!アクセスと撮影攻略

写真を楽しむブログ[撮影地撮影方法紹介の写真ブログ]にようこそ!

今回は山形県飯豊町にある「白河ダム湖」をご紹介します。
この白河ダム湖はなんの変哲のない「ダム湖」ではありますが、白河ダム湖の上流にある「白川ダム湖岸公園」および「白河ダム湖畔オートキャンプ場」の目の前の林は、約1ヶ月ほどだけ木々が水没します。

白河ダム湖の水位が雪解けによって上昇するそうです。

雪解け水によって上昇した水は、いずれ放流されるため1年のうち、4月中旬から5月初旬までの期間限定で水没した木々の撮影が可能です。

参照元[幻想的な水没林〜初夏の山形県の風景から白川ダム湖岸公園!]

白河ダム湖岸公園からの撮影

参照元のブログにも書いておりますが、白川ダム湖の水没林の幻想的な風景は、朝霧に包まれた環境で風のない日がおすすめです。

撮影した日は風も強く、とても撮影には適した日ではありませんでしたが環境が良ければ幻想的な水没林が撮影できることでしょう。

Googleなどで検索すると、朝霧に包まれた幻想的な水没林が見られます。
風さえなければチャンスはたくさんありますね。

東京からはかなり距離もある遠方ではありますが、ゴールデンウィークなど長期休暇が利用できる時期限定ですので比較的撮影行程も充実した計画を立てられるかもしれません。

参照元からの写真画像は、
「白川ダム湖岸公園」から撮影したものではありません。
「白川ダム湖畔オートキャンプ場」側の道路からのものです。

見下ろす形になりますので、湖面がよく見えるため、オートキャンプ場からよりも良いアングルで撮れます。

長時間露光でリフレクションを!

撮影した日は強風でしたので、撮影条件は良くありません。

風がない時は、普通に撮影してもリフレクションになりますが、
もっと映り込みを明瞭にしたい時は長時間露光がおすすめです。

風が吹いている場合はもちろんですが、
風が吹いていなければより良いリフレクションが撮影できそうです。

私の場合、ほとんど強風で、思った撮影ができませんでしたが
また機会があったら訪れてみたい場所です。

撮影期間限定風景〜水没林が撮影できる山形県白河ダム湖岸公園!アクセスと撮影攻略

参照元[幻想的な水没林〜初夏の山形県の風景から白川ダム湖岸公園!]

撮影期間限定風景〜水没林が撮影できる山形県白河ダム湖岸公園!アクセスと撮影攻略

広告

[夜景が見える露天風呂の宿|楽天]

湖畔めぐり

白河ダム湖の水没林だけでは、足りない!
そんな時は、南下して「五色沼」へと湖畔めぐり撮影をおすすめします。

五色沼だけでなく檜原湖、秋元湖など素敵な湖畔の撮影ができますので湖畔のはしご撮影で計画すると良いかもしれませんね。

白河ダム湖へのアクセス

白河ダム湖へのアクセスは、
米沢線の「手ノ子駅」が一番近くにあります。
いずれにしても白川ダムを目指せば良いのですが、白川ダム湖も広いですので「白川ダム湖岸公園」か「白川ダム湖畔オートキャンプ場」をナビに設定しましょう。

公園にはトイレも完備しておりますので、撮影環境としては苦もなく撮影に専念できます。

早朝の撮影が一番おすすめですので、路肩に駐車しているカメラマンが多いです。

昼間に撮影するようでしたら、交通量を考えてオートキャンプ場に駐車した方が良いでしょう。