2022年10月天の川が見える日時と方角は?天の川銀河撮影候補日!秋の星空の観測と撮影

2022年10月天の川が見える日時と方角は?天の川銀河撮影候補日!秋の星空の観測と撮影

  • 10月の天の川銀河の方角や位置は?
  • 10月に天の川が見える日時は?
  • 10月の天の川の見え方は?

秋に見える天の川は物足りない見え方をします。
見る事はできても濃い銀河は期待できません。

10月の上旬であれば、ほんのわずかな時間で確認する事ができます。

天の川の撮影は9月までがピーク。
10月もギリギリ確認する事ができます。

年間を通しての天の川撮影。
薄く伸びた天の川を撮影することで月ごとの天の川の見え方の違いが分かります。

10月の天の川はどのように見えるか?を解説していきます。
2022年10月天の川が見える日時と方角は?天の川銀河撮影候補日!秋の星空の観測と撮影

この記事の内容

今日の天の川が見えやすい日時をチェック!
task_alt 10月の天の川の見え方
task_alt 10月の天の川が見える位置と方角
task_alt 10月の天の川が見えやすい日時
task_alt 10月の天の川の撮影計画

記事内の画像は無断で抜き取らないでください

10月の天の川銀河 はじめに

10月の星空と天の川銀河の見え方や見え易い日時を紹介しています。

check 天の川は特別の日に見える訳ではなく見え易いか?見えにくいか?
check 自転の関係で毎月、天の川の見える方角が異なります。
check 同様に年と日時によっても方角や見え方が違います。
check 月が出ていると見えにくい為、月の満ち欠け・月の出入も関係します。

2022年10月の天の川の見え方を記載しています。
目的の月がある場合天の川カレンダーを参照。

2022年10月の天の川銀河

2022年10月に天の川を観測・撮影する候補日時を計画します。

星の撮影に大きく関わる10月の月の様子を確認します。

日の出の時間や日の入の時間もチェックして撮影計画を!

10月の天の川はどう見える?

10月の天の川はどの方角にどのように見える?

10月に見える天の川銀河の様子をシミュレーションします。

秋から冬にかけて天の川の濃い部分は早い時間から沈んでしまいます。
その為、天の川の観測の季節としては最適とは言えません。

それでも細く薄く伸びた天の川を撮影する事ができます。

10月の天の川の方角と位置

10月に天の川が見える方角(方向)と位置を確認します。

10月に天の川を観測・撮影できる方角は?

10月の天の川銀河の位置を確認してみます。

10月は天の川の濃い部分が見えなくなるのが早くなります。
日没後すぐに撮影開始する必要があります。。

2022年10月25日20時

2022年10月天の川が見える日時と方角は?天の川銀河撮影候補日!秋の星空の観測と撮影

check 日没を過ぎて辺りが暗くなると西の方角に沈もうとする天の川が確認できます。

2022年10月25日21時

2022年10月天の川が見える日時と方角は?天の川銀河撮影候補日!秋の星空の観測と撮影

check 21時頃には肉眼では分かりずらい状態で西の地平線に沈む天の川。
2022年10月25日22時

2022年10月天の川が見える日時と方角は?天の川銀河撮影候補日!秋の星空の観測と撮影

check 22時頃に西の方角を撮影すると細く伸びた天の川が写りますが肉眼での確認は難しそう。

2022年10月25日23時

2022年10月天の川が見える日時と方角は?天の川銀河撮影候補日!秋の星空の観測と撮影

check 23時頃にはかなり傾いた状態になります。

10月の太陽と月の関係

10月の太陽と月の出没カレンダーで天の川が見えやすい日を選んで撮影計画を立てます。

2022年10月の太陽(日の出・日の入)と月(月の出・月の入)の時間を確認します。

2022年の10月は下旬の撮影がお勧めですが、濃い部分は撮影する事ができません。

今日の天の川はいつ見える?

check 候補日として適した日にち「印」
check 時間によって撮れる・見られる日「印」
check 表は東京を基準とした太陽と月の時間関係です。

2022年10月の太陽と月
10月 日出 日没 月出 月没 月齢
1日 5:35 17:26 11:05 20:45 5.2
2日 5:36 17:24 12:14 21:40 6.2
3日 5:37 17:23 13:18 22:44 7.2
4日 5:38 17:21 14:13 23:54 8.2
5日 5:39 17:20 14:59 9.2
6日 5:39 17:19 15:37 1:07 10.2
7日 5:40 17:17 16:10 2:19 11.2
8日 5:41 17:16 16:40 3:29 12.2
9日 5:42 17:14 17:07 4:36 13.2
10日 5:43 17:13 17:34 5:42 14.2
11日 5:44 17:12 18:02 6:47 15.2
12日 5:44 17:10 18:33 7:51 16.2
13日 5:45 17:09 19:07 8:55 17.2
14日 5:46 17:08 19:46 9:57 18.2
15日 5:47 17:06 20:30 10:57 19.2
16日 5:48 17:05 21:21 11:52 20.2
17日 5:49 17:04 22:15 12:41 21.2
18日 5:50 17:02 23:13 13:24 22.2
19日 5:50 17:01 14:01 23.2
20日 5:51 17:00 0:13 14:34 24.2
21日 5:52 16:59 1:14 15:02 25.2
22日 5:53 16:58 2:14 15:29 26.2
23日 5:54 16:56 3:16 15:55 27.2
24日 5:55 16:55 4:18 16:21 28.2
25日 5:56 16:54 5:23 16:48 29.2
26日 5:57 16:53 6:30 17:20 0.7
27日 5:58 16:52 7:41 17:56 1.7
28日 5:59 16:51 8:54 18:40 2.7
29日 6:00 16:50 10:05 19:34 3.7
30日 6:01 16:48 11:12 20:36 4.7
31日 6:01 16:47 12:10 21:45 5.7

10月の天の川撮影攻略

10月の天の川銀河の撮影攻略法は?

10月に肉眼で天の川を観測できるのは日没後辺りが暗くなった頃、西の方角に見えます。
2022年10月の場合は新月が下旬である事から、下旬に照準を合わせるのが良いでしょう。

2022年10月の天体イベントは?

天の川の撮影では様々な天体イベントと絡める事もあります。
例えば流星群やISSの光跡などと天の川を撮影できます。

2022年10月の天体イベントは?

10月の月の満ち欠け

2022年10月の満月は10日です。

  • 10月の上弦:10月3日
  • 10月の満月:10月10日
  • 10月の下弦:10月18日
  • 10月の新月:10月25日

天の川撮影の参考に!

天の川の観測や撮影に役立つ撮影攻略や星の撮影の参考に!


2022年10月の天の川銀河まとめ

年間を通して天の川を追っている人たちにとっては、天の川の撮影に出向こうとは思わない10月。
秋から冬にかけては天の川よりも星座の撮影をしてみるのも良いですね。

天の川カレンダー天体関係

Posted by pix-524