2022年12月天の川が見える日時と方角は?天の川銀河撮影候補日!冬の星空の観測と撮影

2022年12月天の川が見える日時と方角は?天の川銀河撮影候補日!冬の星空の観測と撮影

  • 12月の天の川銀河の方角や位置は?
  • 12月に天の川が見える日時は?
  • 12月の天の川の見え方は?

冬の天の川は物足りない見え方をします。

冬に見える天の川は天の川らしい濃い部分を見る事ができない為天の川を撮影しようと思う方は少ないでしょう。

それでも細く伸びた星の集まりは見る事ができますので雪景色と星空の撮影も良い被写体となります。

天の川にこだわらず冬の星空の撮影を楽しんでください。

12月の天の川はどのように見えるか?を解説していきます。
2022年12月天の川が見える日時と方角は?天の川銀河撮影候補日!冬の星空の観測と撮影

この記事の内容

今日の天の川が見えやすい日時をチェック!
task_alt 12月の天の川の見え方
task_alt 12月の天の川が見える位置と方角
task_alt 12月の天の川が見えやすい日時
task_alt 12月の天の川の撮影計画

記事内の画像は無断で抜き取らないでください

12月の天の川銀河 はじめに

12月の星空と天の川銀河の見え方や見え易い日時を紹介しています。

check 天の川は特別の日に見える訳ではなく見え易いか?見えにくいか?
check 自転の関係で毎月、天の川の見える方角が異なります。
check 同様に年と日時によっても方角や見え方が違います。
check 月が出ていると見えにくい為、月の満ち欠け・月の出入も関係します。

2022年12月の天の川の見え方を記載しています。
目的の月がある場合天の川カレンダーを参照。

2022年12月の天の川銀河

2022年12月に天の川を観測・撮影する候補日時を計画します。

星の撮影に大きく関わる11月の月の様子を確認します。

日の出の時間や日の入の時間もチェックして撮影計画を!

12月の天の川はどう見える?

12月の天の川はどの方角にどのように見える?

12月に見える天の川銀河の様子をシミュレーションします。

秋から冬にかけて天の川の濃い部分は早い時間から沈んでしまいます。
その為、天の川の観測の季節としては最適とは言えません。

それでも細く薄く伸びた天の川を撮影する事ができます。

12月の天の川の方角と位置

12月に天の川が見える方角(方向)と位置を確認します。

12月に天の川を観測・撮影できる方角は?

12月の天の川銀河の位置を確認してみます。

12月は天の川の濃い部分が見えなくなるのが早くなります。
日没後に西の方角にうっすらと星の集まりを確認する事ができます。

2022年12月23日18時

2022年12月天の川が見える日時と方角は?天の川銀河撮影候補日!冬の星空の観測と撮影

check 赤いラインは地平線になります。天の川の濃い部分は既に西の方角に沈んでしまっています。

2022年12月23日18時

2022年12月天の川が見える日時と方角は?天の川銀河撮影候補日!冬の星空の観測と撮影

check 日没後西の空にうっすらと星の集まりが伸びた天の川が見えます。
2022年12月23日19時

2022年12月天の川が見える日時と方角は?天の川銀河撮影候補日!冬の星空の観測と撮影

check 肉眼では分かりにくいかもしれませんが、細く伸びた天の川が右に傾いたように撮影できます。

2022年12月23日20時

2022年12月天の川が見える日時と方角は?天の川銀河撮影候補日!冬の星空の観測と撮影

check 北の夜空を撮影すると西から伸びた星の集まりを撮影する事ができます。

はくちょう座

2022年12月天の川が見える日時と方角は?天の川銀河撮影候補日!冬の星空の観測と撮影

check 天の川の濃い部分が写せない時期は星座を狙って見るのも良いかもしれません。

12月の太陽と月の関係

12月の太陽と月の出没カレンダーで天の川が見えやすい日を選んで撮影計画を立てます。

2022年12月の太陽(日の出・日の入)と月(月の出・月の入)の時間を確認します。

2022年の12月は濃い部分は撮影する事ができません。

今日の天の川はいつ見える?

check 表は東京を基準とした太陽と月の時間関係です。

2022年12月の太陽と月
12月 日出 日没 月出 月没 月齢
1日 6:32 16:28 12:46 7.2
2日 633 16:28 13:14 0:17 8.2
3日 6:33 16:28 13:40 1:21 9.2
4日 6:34 16:28 14:06 2:24 10.2
5日 6:35 16:28 14:33 3:27 11.2
6日 6:36 16:28 15:04 4:29 12.2
7日 6:37 16:28 15:39 5:32 13.2
8日 6:38 16:28 16:19 6:34 14.2
9日 6:38 16:28 17:05 7:33 15.2
10日 6:39 16:28 17:56 8:27 16.2
11日 6:40 16:28 18:52 9:15 17.2
12日 6:41 16:28 19:50 9:57 18.2
13日 6:41 16:29 20:49 10:32 19.2
14日 6:42 16:29 21:48 11:03 20.2
15日 6:43 16:29 22:47 11:30 21.2
16日 6:43 16:29 23:45 11:55 22.2
17日 6:44 16:30 12:20 23.2
18日 6:45 16:30 0:45 12:45 24.2
19日 6:45 16:30 1:48 13:12 25.2
20日 6:46 16:31 2:54 13:43 26.2
21日 6:46 16:31 4:05 14:20 27.2
22日 6:47 16:32 5:19 15:06 28.2
23日 6:47 16:32 6:34 16:03 29.2
24日 6:48 16:33 7:43 17:10 0.7
25日 6:48 16:33 8:44 18:25 1.7
26日 6:49 16:34 9:34 19:42 2.7
27日 6:49 16:35 10:14 20:56 3.7
28日 6:49 16:35 10:47 22:07 4.7
29日 6:50 16:36 11:17 23:14 5.7
30日 6:50 16:37 11:43 6.7
31日 6:50 16:37 12:10 0:18 7.7

12月の天の川撮影攻略

12月の天の川銀河の撮影攻略法は?

12月に肉眼で天の川を観測できるのは日没後辺りが暗くなった頃、西の方角に見えます。

下記の写真は12月に撮影した天の川になります。
夏の天の川と比べるとダイナミックさに欠けますが、撮影すると星の集まりがはっきり分かります。

amanogawa-november-2019

2022年12月の天体イベントは?

天の川の撮影では様々な天体イベントと絡める事もあります。
例えば流星群やISSの光跡などと天の川を撮影できます。

2022年12月の天体イベントは?

12月はふたご座流星群が極大になります。
流星群に的を当てて撮影計画するのがお勧めです。

12月の月の満ち欠け

2022年12月の満月は8日です。

  • 12月の満月:12月8日
  • 12月の下弦:12月16日
  • 12月の新月:12月23日
  • 12月の上弦:12月30日

天の川撮影の参考に!

天の川の観測や撮影に役立つ撮影攻略や星の撮影の参考に!


2022年12月の天の川銀河まとめ

年間を通して天の川を追っている人たちにとっては、天の川の撮影に出向こうとは思わない時期。
冬は星座を見つけて星座の撮影がお勧めです。

天の川カレンダー天体関係

Posted by pix-524