—NEWS—
12月はふたご座流星群の観測
2019年初日の出計画(方角確認)

冬の星空を撮ろう!雪の中夜空の撮影での注意点と用意する物!雪の撮影地に出掛けよう!

冬の星空を撮ろう!雪の中夜空の撮影での注意点と用意する物!雪の撮影地に出掛けよう!

冬の星空撮影は?
雪山での星空撮影は?
冬の星空撮影で用意するものは?
冬の星空撮影で気をつけたい事は?

冬の屋外での撮影は辛いですね!

シャッターを押す指が冷たい。

身体も冷えて長時間一定の場所での滞在は凍えます。

特に夜の星空撮影は長時間にわたり移動も少ないため寒さが倍増します。

雪の多い場所では三脚も凍りつくほどです。

写真を楽しむブログ 撮影アイテム紹介 写真ブログにようこそ!

真冬に星空を撮りに行こう!

と考える方はほとんど居ないかもしれませんね?

身体もカメラも凍える環境でわざわざ星の撮影をするなんて…

確かに冬は空気も澄んでいて空は綺麗な星がきらめきます。

冬の時期は天の川もあまりよく見えませんし…

冬の星空撮影なんて誰も興味なくて埋もれてしまう記事になりそうですが…

あえて…

雪の中で星空の撮影をしてみよう!という事に触れてみたいと思います。

広告

冬の星空

冬の星空は夏よりも綺麗に見えます。

空気が澄んでいるからというのが大きな原因でしょうね。

夏は天の川を撮影してもモヤがあったり霞んでいる事が多かったりします。

高地に行けば空が近く感じられる為満天の星が臨める事も多くあります。

冬の場合、高地へ赴くのも至難の技。

車であっても防寒や冬仕様でないと行く事ができません。

とは言え…

雪がある場所へのアクセスは意外に簡単です。

スキー場へ行く感覚で行く事もできます。

スキー場周辺は除雪もされており、比較的走行もしやすい。

スタッドレスタイヤさえ装備しておけば気軽に行く事もできます。

星の撮影は長い時間撮影する事が多いので身体の防寒の方が気になります。

身体の防寒とカメラの防寒さえしておけば雪の中での星空撮影は意外に問題ありません。

まぁ…場所にもよりけりではありますが…

雪の中の星空撮影

雪の降る中での撮影だと、降る雪が写ってしまいますので星空はどうかと…

雪が降っている様子は星空を撮るというのとは別物になってしまいます。

したがって雪の中での冬の星空撮影は雪が降っていない事が大きな条件になりますね?

雪が降っていると雪雲があるという事ですので空に星は見えない事が多いでしょう。

部分的に見えている場合はあるとしても、ほとんどがグレーな空。

雪が降っていない晴れた夜だと空気も澄んでいて綺麗な青空になっているはずです。

冬の星空を撮ろう!雪の中夜空の撮影での注意点と用意する物!雪の撮影地に出掛けよう!

雪が積もっている程の寒い冬の空はとても綺麗です。

冬の星空を撮ろう!雪の中夜空の撮影での注意点と用意する物!雪の撮影地に出掛けよう!

慣れていない方は、駐車場に近い場所で撮影し、寒くなったら車に駆けこめるといいですね。

掲載していう写真はどれも雪の中で撮影したものではありますが、雪の世界と星をどのように絡めようか?という工夫はされていません。

雪山だからこそ。

雪が積もっている状態の星空だこらこそ。

そのような作品ができると良いですね。

冬の星空を撮ろう!雪の中夜空の撮影での注意点と用意する物!雪の撮影地に出掛けよう!

雪が降るほどの寒い冬でも天の川を見ることはできます。

ただ、夏の天の川よりもダイナミックな感じでは有りません。

冬の星空を撮ろう!雪の中夜空の撮影での注意点と用意する物!雪の撮影地に出掛けよう!

広告

[夜景が見える露天風呂の宿|楽天]

雪の撮影地

雪が積もっている場所はたくさんあるでしょう。

冬ならではの光景が見られる場所は各地にあります。

私が好んで撮影しに行くのは群馬県や長野県になります。

スキー場も多く点在し、スキー場付近の道は除雪もされておりアクセスもしやすい。

群馬県なら榛名湖や草津方面など比較的アクセスがしやすいですね。

長野県は広い県ですが、軽井沢や湯沢、八ヶ岳やビーナスラインなどもアクセスが容易です。

スキー場があまりにも近いとナイターなどの照明が邪魔になりますのでナイター時間外やスキー場の灯りが見えない場所になります。

冬の撮影地としてピックアップしてみましたのでご覧ください。

山梨県なら富士五湖周辺もたくさんの冬景色が見られますね。

星空も綺麗な場所ですので富士山とともに冬の景色を撮影するのも良いでしょう。


[海の見える露天風呂の宿|楽天トラベル]
[【温泉】ホテル・旅館ランキング(全国)]
[ご出発3日前まで予約可能]

雪山での撮影アイテム

冬場の撮影アイテムとして「防寒具」に関して記事を書いています。

主にカメラに施す防寒の内容になっています。

カメラだけでなく自分の体も防寒には気をつけましょうね!

ヒートテックのアンダーウェアやダウンなどの防寒具の他にグローブは必須。

足元はスノーシューズが必須です。

スノーシューズは街中では良いですが寒冷地だとスノーブーツの方がお勧めですね!

私は足元の防寒はスノーシューズですが、スノーシューズの上から「スノーステップ」を利用しています。

硬めの雪や凍った場所なども「スノーステップ」があるととても安心です。

コスパも良くて安心できます。

スノーシューズでは物足りない時にとても便利です。

手元はダブル出手ぶくろをつけるのがお勧め!

撮影用のグローブも防寒タイプがありますが、撮影するときは防寒の撮影グローブで撮影し、待機中はさらに大きめのグローブを付けると暖かいですね。

雪山へのアクセス

雪山へのアクセス方法は様々ですね?

マイカーが多いと思いますが、車の運転ができない…など

電車やバスでも雪が積もっている撮影地には赴けます。

ただ、星空の撮影は夜間になり、長時間滞在しないとなりません。

帰りたいと思っても交通機関がなくなっていますので一晩中の滞在。

公共の交通機関を使っている場合は、あまりお勧めしません。

ただ、スキー場などの宿泊施設に宿泊するのであれば問題ありませんね?

スキーバスに乗り込んでスキー客とは逆に夜の撮影。

このような裏技も問題ありません。

冬もオープンしているコテージなどを借りて置くのも手ですね。

マイカーの場合はスタッドレスでも十分対応できます。

ただ、場所によっては雪が深くなっている道路もあります。

除雪されていてもその日の状態が重要です。

除雪した後に大雪が降るとスタッドレスだけでは困難な場合があります。

チェーンも常備しておきましょう。

非金属タイプが手軽で軽いのでお勧めです。

少々高価なものもありますが価格的にリーズナブルなものも出回っています。

冬の星空撮影まとめ

冬の星空撮影はいつが良い?

というのは月別の天の川の撮影の記事が参考になるかもしれませんね。

2018年の場合は「2018年の月別の天の川撮影日」

2019年の場合はまとめていませんが「2019年1月の天の川」「2019年2月の天の川」などをご覧頂くとわかりやすいと思います。

冬の被写体の記事もぜひご覧くださいね。

雪山へのアクセスは気をつけて!

移動中だけでなく撮影時の防寒は完璧にしておきましょう!