333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

自由に撮る、こだわって撮る、楽しんで撮る
自分スタイルは様々なアイテムから得られるかも?

知らなかった事が身につくと
新しい事を発見でき、そこに喜びも伴う。

インスピレーションでスライダーを動かすと
1枚の写真が複数の作品になって生まれ変わる。

こんなものを撮ってみたい!
こんなふうに撮ってみたい!
思ったように撮れない時ほど写真を楽しめます。
道具と気づきで新しい作品が生まれます。

CONTENTS

Photograph

カメラ・レンズ・アプリ等写真情報
333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

計画を立てる時から撮影の楽しみは始まっている
足を運び、思い通りに撮れた喜びを味わいたい。

メジャーな撮影地だけでなく
何気なく訪れた地にこそ新しい景色が待っている。

なぜこんな失敗をする?
撮り慣れていても失敗はつきもの…(コラム)

ストレスが溜まったらカメラ片手に出かけてみよう
見慣れた景色の中にも気づいていない被写体が
撮ってほしいと待っているかもしれません。
写真仲間とでも良い、ひとりでも良い。

CONTENTS

Landscape

撮影地の紹介
333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

光に閉ざされた地で夜空を見上げると
星の多さに驚くことは間違いないだろう。

普段はあまり気にしないかもしれないけど
月を眺めている時は、リラックスできている。

流れ星を見る機会は少ないけれど
見る事ができると高揚した自分に気がつく。

夜空に横たわる天の川や流れ星が見られると
宇宙に近づいた感覚になるかもしれません。
忘れてほしくないのは見慣れている月
身近にあるものほど気にかけなくなりがちですね。

CONTENTS

Astronomical Observation and Photography

天体観測と撮影

previous arrow
next arrow

インターバル撮影とは?連続写真で合成・動画にして作品作り!機能を生かすテクニック

インターバル撮影とは?
連続写真の撮影方法は?
インターバル撮影の効果は?

インターバル撮影機能で撮影すると様々な作品に変化します。

インターバル撮影とはどのような機能でしょうか?

スマホのカメラにもある機能のひとつ。

被写体によってもインターバル撮影の機能設定は異なります。

機能を活用する事によって写真作品の幅が広がる可能性があります。

インターバル撮影で撮影すると何が撮れるのか?

インターバル撮影で撮影すると良い被写体は?

そもそもインターバル撮影とは?

基本的な事を知って作品作りに生かしてみましょう。

写真を楽しむブログ記事内の画像は無断で抜き取らないでください

インターバル撮影

インターバル撮影は一度は聞いた事があると思います。

カメラの機能を使って実践してみましょう。

インターバル撮影とは?

インターバル撮影とはどのような撮影方法なのでしょうか?

インターバル撮影とは?

インターバル(interval)は感覚合間と訳されます。

運動などで「インターバルトレーニング」というのを聞いた事がありますね。

インターバルトレーニングとは?

不完全回復を挟みながら運動を繰り返すトレーニング方法。

間隔を取って繰り返す事です。

撮影においてのインターバルは
一定間隔で撮影する撮影機能

カメラ側の設定でシャッタースピード・シャッター間隔を設定し自動的に撮影する機能のひとつです。

インターバル撮影の被写体

一定間隔で撮影する必要がある被写体には何がある?

インターバル撮影の必要性は?

動くものの変化を撮影して記録する事ができます。

・花が蕾から開くまでの様子。
・建物が基礎から完成されるまでの様子。
・昆虫が孵化する様子。
・月や星の日周運動。

被写体が変化する様子を時間軸で保存したい時に使われる撮影機能です。

被写体が変化する様子を残したい

動かない被写体では意味ありませんが一定箇所で動く被写体の変化を残す事ができます。

インターバル撮影例

カメラを固定して動く物を撮影する被写体は様々です。

人の動きを撮影したり、車の流れを捉える事もできます。

街中のインターバル撮影

通路や道路、街の至る所に動くものがあります。

人の動きや様子もインターバル撮影してみると面白い画像ができるかもしれません。

インターバル撮影とは?連続写真で合成・動画にして作品作り!機能を生かすテクニック:写真を楽しむブログ

星のインターバル撮影

インターバル撮影で星の光跡を撮影するのもインターバル撮影です。

星の軌跡はインターバル撮影としては王道とも言える撮影方法です。

月のインターバル撮影

星と同様に月の軌跡を撮影すると、月の軌道を撮影する事ができます。

月の出や月の入り、皆既月食の撮影などにお勧めのインターバル撮影です。

インターバル撮影できるものにも色々あります。

ISSのインターバル撮影

国際宇宙ステーション(ISS)の撮影はインターバル撮影が向いています。

カミナリのインターバル撮影

どのタイミングで発生するか分からないカミナリもインターバル撮影に向いています。

ホタルのインターバル撮影

ホタルの動きもインターバル撮影するのがお勧めです。

点滅するホタルの光が光跡として撮影する事ができます。

インターバル撮影ができるカメラ

インターバル撮影できるカメラは?

インターバル機能は一眼レフ・ミラーレスを始め、デジカメの撮影機能に備わっている場合があります。

一眼レフやミラーレスの場合インターバル機能が無くても撮影可能です。

外部機能としてリモコンにインターバル撮影機能が備わっていれば撮影できます。

・一眼レフカメラ
・ミラーレスカメラ
・デジカメ
・スマホ
※カメラ内付加機能および外部機能

スマホにもインターバル撮影機能があります。

手軽にインターバル撮影を体験したい時はスマホなどで撮影できます。

インターバル機能

一例としてインターバル撮影機能を見てみましょう。

インターバル撮影の設定

インターバルする時間の間隔は撮影物によりけりです。

どのような間隔にするか?で動きを捉えます。

動きが速いものを撮影

間隔を短く


動きが遅いものを撮影

間隔を長く

シャッターの間隔は被写体の動きによって設定します。
歩いている様子の撮影
花の開花の撮影

上記の被写体の動きは、かなりの時間差があります。

動くものを撮影する場合でもインターバル撮影と異なるものもあります。
ゴルフやバッティングのスイングを撮影
建造物が完成するまでを撮影

ゴルフスイングなどのように速いもの。

建造物の完成などのように遅いもの。

極端に速いものや遅いものが被写体の場合、撮影方法が異なります。

ゴルフスイング

連写機能

建造物の基礎から完成

定点撮影

建造物に関して言えば、インターバル撮影でも撮影できます。

工事の様子も、この部類に入ります。

インターバル撮影方法

インターバル撮影が一定間隔で撮影する事は理解できたかと思います。

インターバル撮影の設定はシャッターの間隔。

撮影自体の設定は別に必要です。

撮影は被写体や環境によってカメラの設定が異なります。

どのようなものをどの間隔で撮影するか?を計画します。

撮影の設定とインターバル設定

撮影するシャッタースピードを決定します。

環境によって絞りやシャッタースピードが変わります。

シャッタースピードが1秒の場合

1分間に2カットの撮影

インターバル撮影の間隔は58秒
1分間に20カットの撮影

インターバル撮影の間隔は2秒

単純計算になりますが…

シャッターが切れる間隔であれば、いかようにも調節できます。

間隔設定による問題点

分かりやすいようにシャッタースピードを1秒にしていますが…

1/250で
インターバル間隔を1秒以下にできるか?

被写体が早く動いている状態の変化を撮影したい場合です。

できません!

インターバル撮影において間隔を1秒以下にはできない仕様になっています。

このような場合が先述のゴルフスイングのような連写撮影になります。

1秒間隔でインターバル撮影できるか?

これも難問のひとつです。

撮影した画像を保存するスピードとの兼ね合いになります。

撮影データを記録メディアに転送するスピードはメディアの性能によって異なります。

大きい画像データを転送するのに転送スピードが遅いメディアでは追いつきません。

転送データ次第

転送スピードが遅くても小さいデータの画像であれば転送できる事もあります。

間隔を短くしたい場合は必ずテストする事が必要です。

スマホでのインターバル撮影

スマホ(iphone)にはインターバル機能があります。

スマホの場合、間隔はスマホ次第になりますので自由に設定できません。

シャッタースピードやシャッター間隔を自由に変更するにはアプリを使用します。

スマホのアプリでインターバル撮影したものをタイムラプスにした物です。

Norway Timelapse
PlayPlay
Shadow

インターバル撮影の手法

インターバル撮影は2種類の撮影方法があります。

・カメラ固定で被写体の動きを捉える
・カメラ側が動いて撮影する

どちらも変化を楽しむ事ができます。

記録メディアの確認

インターバル設定したのは良いが…

記録メディアに保存できる枚数が設定以下だと思った枚数になりません。

思い通りの時間で思い通りの枚数を撮影するなら記録メディアの容量も確認します。

被写体別インターバル撮影

インターバル撮影は環境と被写体によって設定が変わる。

日中の撮影であれば光量がある為、絞り過ぎなければシャッタースピードも早くなります。

日中のインターバル撮影はさほど問題はありません。

夜間の撮影の場合はシャッタースピードが長くなる事が一つの問題です。

被写体の違いや環境の違いでのインターバル撮影の設定は撮影を繰り返して覚えるのが上達の近道。

インターバル撮影の難易度

インターバル撮影中はカメラ設定を変更する事ができます。

カメラ設定を変える事で弊害もあります。

インターバル間隔が長い

カメラの設定を変える事が可能。

バッテリーを交換したり記録メディアも交換できます。

インターバル間隔が短い

設定変更やバッテリー交換が不可能。

またカメラの設定を変える事で撮影物も変わってしまいます。

シャッタースピードが変わると間隔によっては弊害が起こります。

シャッタースピード優先モードや絞り優先モードで撮影する事も考えられます。

インターバル撮影後の処理

インターバル撮影をした後は、特別な処理が必要です。

撮影した個々のデータも使用できますが…

・比較明合成
・タイムラプス
※合成したり動画にしたりする事ができます。

スマホの場合、タイムラプス動画の処理が主になります。

合成と動画の参考記事

インターバル撮影の参考記事

夜間撮影が多くなるかもしれませんがインターバル撮影方法やコツなどの参考にしてみてください。

前述しているインターバル撮影方法の記事の他にも、インターバル撮影ならではの撮影方法や失敗の原因となる事もあります。

インターバル撮影の参考にしてください。

インターバル撮影で用意したいカメラアイテム

インターバル撮影まとめ

インターバル撮影は機能さえあれば撮れます。

スマホでも簡単に撮影できる為、需要も多いですね。

スクランブル交差点の行き交う人や、駅など電車の行き交う様子などをインターバルで撮影すると面白いですね。

2019/07/10撮影方法

Posted by pix-524