2019年1月6日の部分日食を撮ろう!日食の撮影方法と観測方法!日食はどこで?撮影のコツ

2019年1月6日の部分日食を撮ろう!日食の撮影方法と観測方法!日食はどこで?撮影のコツ

部分日食を見るには?
部分日食の撮影方法は?
部分日食はスマホで撮れる?
部分日食が見られるのは何時?

2019年1月6日全国各地で日食が観測できます。

皆既日食と呼ばれる日食は見られませんが部分的に欠ける太陽。

部分日食は太陽さえ見える天気であれば観測・撮影できます。

写真を楽しむブログ 撮影アイテム紹介 写真ブログにようこそ!

2018年の1月は月食でしたね?

2019年は?

2016年3月以来の日食。

日本国内で見られる日食は「絶対見たい!」

日食は見るだけでなく「日食を写真に撮りたい!」

2019年1月6日の部分日食の観測と撮影方法をご紹介します。

2019年1月6日の日食は皆既日食ではありません。

※アイキャッチ画像を当日撮影の写真に差し替えました。
(撮影地:愛媛県新居浜市内)

 ご注意! 

日食

日食とはどのような状態を言うのでしょうか?

もうご存知とは思いますが…

2019年1月6日の部分日食を撮ろう!日食の撮影方法と観測方法!日食はどこで?撮影のコツ

この写真は2012年の皆既日食の時の写真です。

指輪のように撮りたかったのがちょっとだけ成功した写真です。

残念ながらこのような写真は今回の部分日食では撮影できませんね?

日食とは?

日食とは?についておさらいしてみましょう。

日食(にっしょく、solar eclipse)とは

太陽が月によって覆われ、太陽が欠けて見えたり、あるいは全く見えなくなる現象である。

日蝕と表記する場合がある。

原因
日食は、月と太陽が同時に交点又はその付近に位置した場合に起こる。

直接の原因は、地球の周囲を公転する月が地球と太陽の間に来て、月の影が地球上に落ちる事による。

月の影に入った地域では、太陽が欠け、あるいは全く見えなくなる。

種類
皆既日食で月の影に入ったトルコとキプロス(2006年3月29日) 月と太陽の視直径はほとんど同じであるが、月の地球周回軌道および地球の公転軌道は楕円であるため、地上から見た太陽と月の視直径は常に変化する。

月の視直径が太陽より大きく、太陽の全体が隠される場合を皆既日食(または皆既食。total eclipse)という。

逆の場合は月の外側に太陽がはみ出して細い光輪状に見え、これを金環日食(または金環食。annular eclipse)と言う。

場合によっては月と太陽の視直径が食の経路の途中でまったく同じになるため、正午に中心食となる付近で皆既日食、経路の両端では金環日食になることがあり、これを金環皆既日食(または金環皆既食。hybrid eclipse)と呼ぶが、頻度は少ない。

皆既日食と金環日食および金環皆既日食を中心食と称する。
出典:wikipedia

日食とは?
月で太陽が隠される状態。

2019年1月6日部分日食

2019年1月6日に見られる日食は「部分日食

アイキャッチ写真より少し欠けた部分が小さい感じです。

欠ける部分は地域で異なります。

部分的に月によって太陽が隠れる場所ができます。

2019年1月6日の部分日食は?

何時に見られるか?
肉眼で見られるか?
部分日食を見るためには?
撮影方法は?
動画で撮影できるか?

られるか?できるか?

とても気になる疑問がたくさんありますね?

一つ一つ解決してみましょう!

部分日食はどこで見られる?

日本全国で見る事ができます。

ただし!

地域によって見え方が異なります。

2019年1月6日の部分日食は北(北東)に行くほど欠け方が大きい!

つまり北海道が一番欠け方が大きく見えます。

それでも全国で部分日食は見る事ができます。

部分日食が見られる最大の条件は「天気!」

肝心の太陽が見えなければ日食は見る事ができません。

部分日食は何時に見られる?

太陽の見え方は地域によって時間差ありますね?

北海道と東京では日の出の時刻が違うように…

東京と九州でも日の出の時間が違います。

日食の時間は地域によっても時刻や見え方が変わります。

北東の地域ほど欠け具合が大きく、継続時間が長くなり、札幌では最大食分0.54(太陽の直径の54%が隠される)で継続時間は約3時間、東京では0.42で3時間弱、福岡では0.32で約2時間半となる。

現象が起こる時刻や食の継続時間、太陽の高さなどは場所により異なるので、事前によく確かめておこう。
出典:AstroArts

東京で部分日食を観測する場合は?

東京の場合
8時45分頃から欠け始め、11時35分頃まで観測できる。
最大に欠けているのが見えるお勧めの時間は?
9時30分から1時間ほどがハッキリ分かる。

部分日食の観測方法

日食の観測方法は太陽が見えていれば見えますが欠けている部分が見えませんね?

肉眼では眩しくて太陽は光って見えます。

とても肉眼で見るなど…

直射日光を見ると目に悪そう!

日食を観測するためのアイテム

日食を観測するだけなら日食用のサングラスを使用します。

子供でも日食が観測できるツールですのでお子さんと部分日食観測も良いでしょう!

部分日食は皆既日食と異なり太陽が見えている面積が広い。

その為、眩しくて肉眼での観測はお勧めできません。

ご注意ください下敷きでの観測は不向きです!
※安全を考慮して部分日食の観測を!
部分日食の撮影方法は次のページで!
日食撮影はどう撮る?
スマホで日食は撮れる?
ここからが本番ですね!