撮影できる特殊な気象現象の種類と撮影方法!空の変化を撮る!天候別シャッターチャンス

撮影できる特殊な気象現象の種類と撮影方法!空の変化を撮る!天候別シャッターチャンス

気象現象とは?
虹の撮り方は?
雷の撮り方は?
珍しい気象現象は?

気象に関するシチュエーションは様々!

狙って特定の気象現象を撮影するものもあれば…

偶然遭遇する気象現象もあります。

風景を撮影する人の多くが「気象現象」を味方に撮影します。

写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介の写真ブログにようこそ!

毎日天気は変わりますね?

場所が変われば同じ時間でも天候や空の表情が変わります。

晴れていても特殊な空の表情や気象現象があります。

いつもと違う気象現象に遭遇したら迷わず撮影!

どのような気象現象が見られるのか?

どのような気象現象を撮影できるのか?

気象現象の色々と撮影方法をご紹介しましょう。

広告

気象現象

気象現象にはどのようなものがあるのでしょうか?

これも気象現象?あれも気象現象?

というように沢山の気象現象があります。

気象現象をおさらいしてみましょう。

気象現象の種類

気象現象を全て紹介すると長くなりますので…

代表的なものを中心にピックアップしてみます。

降水

液体の水滴が降るもの
白色の柔らかい氷の結晶が降るもの。
あられ 直径5mm未満の氷の粒が降るもの。
ひょう 直径5mm以上の氷の粒や塊が降るもの。

降水にも色々な種類があり、降り方にも種類がありますが…

「霰(霰)」と「雹(ひょう)」の違いを覚えておくと各地のニュースも理解できますね?

着氷現象

氷柱 徐々に凍結しながら地面に向かって延長してできる、氷の柱。
霜柱 地中の水分が凍結してできる、氷の柱。

「靄(もや)」と「霧(きり)」の違いも覚えておくとウンチクにも。

視程障害現象

もや 大気中の水蒸気が凝結してできた微小な水滴が浮遊していて、水平視程が1km以上10km未満のもの。
大気中の水蒸気が凝結してできた微小な水滴が浮遊していて、水平視程が1km未満のもの。

靄(もや )と霧の違いなど上空から見ないとわかりませんよね-

大気光学現象

雨などの水滴により色が分かれた円弧状の光が見えるもの。
彩雲 水滴により雲がまだらに色づいて見えるもの。
ハロ 氷晶により太陽や月の周りに円形の光の輪が見えるもの。
幻日 氷晶により太陽や月の両側の同じ高度に光が見えるもの。
太陽柱 氷晶により太陽や月、その他の光源などから垂直に延びる光の柱が見えるもの。
朝焼け夕焼け 日の出や日没時に空が赤や橙色になるもの。
薄明光線 雲の切れ間から太陽光線が伸びるもの。

大気光学現象は見ることも多く撮りがいのある気象現象です。

※各記述「出典:wikipedia

広告

[夜景の見える温泉宿:楽天トラベル]

気象現象の撮影

意識して空を見ると必ず様々な気象現象が見られます。

撮影したくなるか?撮影するほど気に留めないか?

それぞれの気象現象があります。

気象現象の撮影方法を記載している記事をご紹介します。

それぞれのリンク先の記事は撮影方法を記載しています。

降水の撮影

雨の撮影はあまりしないかもしれませんね?

ゲリラ豪雨や雷というような特殊な気象現象だと…

記録しておきたい!または撮ってみたい!

と思うような凄まじいものもあります。

撮影できる特殊な気象現象の種類と撮影方法!空の変化を撮る!天候別シャッターチャンス

雪景色・氷柱の撮影

冬限定の被写体!

雪が降れば雪景色!凍てつく山では氷瀑や氷柱!

冬の美しい着氷現象は沢山ありますね!

圧巻のつらら奥秩父の三十槌の氷柱アクセス方法と撮影攻略!ライトアップが美しい氷の芸術

大気光学現象

太陽による光学現象も沢山あります。

被写体としてもダイナミックな風景撮影ができます。

ハロや幻日など太陽の気象現象も見逃せません!

太陽の撮影方法!朝日や夕日・日中の撮影と順光・逆光風景他!太陽メインの写真撮影

上記記事は太陽の撮影に関する様々な撮影方法の索引になっています。

日食もその一つですね?

虹の撮影

虹の撮影などは代表的な気象現象かもしれませんね?

撮影できる特殊な気象現象の種類と撮影方法!空の変化を撮る!天候別シャッターチャンス

虹の撮影方法については記事がありませんが…

虹の撮影は簡単です。

よりハッキリさせるにはコントラストを強めに撮影

現像時にコントラストを調節しても良いでしょう。

広告

検索でポイント取得![楽天ウェブ検索]

太陽柱の撮影

太陽柱は見られる事が少ない稀少な気象現象。

冷え切った朝夕に見られる事が多いようです。

撮影できる特殊な気象現象の種類と撮影方法!空の変化を撮る!天候別シャッターチャンス

太陽自体は見えていないのに…

太陽の光の柱が見える事があります。

撮影方法は朝日の撮影と大差ありません。

「何か太陽が細長いな?」

と思ったら望遠などで拡大して見てみると太陽柱になっている事があります。

太陽だけでなく月による光の柱も撮影できます。

撮影できる特殊な気象現象の種類と撮影方法!空の変化を撮る!天候別シャッターチャンス

地球照が見えるほどの月ですが、雲の中に月がある時から月の光が柱になって伸びていました。

月の撮影の中でも「地球照の撮影方法」などを参照してみてください。

グリーンフラッシュ

グリーンフラッシュは珍しい気象現象です。

なかなか出会えません。

太陽が完全に沈む直前、または昇った直後に、緑色の光が一瞬輝いたようにまたたいたり、太陽の上の弧が赤色でなく緑色に見えるようになる、稀な現象。緑閃光ともいわれる。
出典:wikipedia

写真は圧縮している事もありグリーンに見えないと思います。

ほんのわずかな光が緑色に輝いている事があります。

撮影できる特殊な気象現象の種類と撮影方法!空の変化を撮る!天候別シャッターチャンス

光芒の撮影

薄明光線や薄明時の撮影も記事にしています。

薄明光線・天使の梯子が見えたら撮影してみたいですね!

特殊な気象現象の撮影方法まとめ

それぞれの撮影方法はそれぞれの記事に記載しています。

中には特殊な撮影方法もありますが、撮影自体は簡単です。

撮影方法…と言う程ではありませんが…

特殊な気象現象に出会ったら「とりあえずカメラを向ける!」

---ネット検索で楽天ポイントを!--
楽天ウェブ検索は意外に貯まる。